入れ歯・義歯・デンチャー・相談|千葉県船橋市
rss

千葉県船橋市

症例とお声

「見た目もよく、周りの歯を削らない入れ歯で良かったです」(30代 女性 市川市)

  • 女性
  • 30代
  • 千葉県

若い年齢層の女性による入れ歯(義歯)の相談も多いです

船橋駅近くにある当院(ユアー歯科クリニック)では、入れ歯(義歯)に関する無料相談を行っていますが、相談に来られる年齢層は実に幅広く、30代〜80代に亘り、様々な年齢の方々にご来院いただいております。

その中でも、若い年齢(30代)の女性のお悩みも聞くことが多く、できるだけ患者さん固有のお悩みに耳を傾けるようにしております。

歯科治療は、年齢が若ければ若いほど、様々な選択肢の中から治療を選んでいただく場合が多いです。歯が抜けてしまった場合などにおいては、ブリッジやインプラント治療などを優先的に選び、入れ歯(義歯)はなかなか選びにくい場合もありますが、現在では機能的、審美的に優れた義歯も選択できるようになり、若い年齢層の方でも部分義歯をお選びいただくケースも多くなりました。

お口の中の状態は、人それぞれですので、一概にどの歯科治療が良いと決めつける事はできませんが、できるだけ丁寧に説明をし、インフォームド・コンセントを徹底して歯科治療を進めております。

むし歯と二次カリエス、歯根破折

それでは、ここからは30代の女性のケースのご紹介をしたいと思います。

こちらの患者さんは30代の女性の方でした。当院(船橋駅前 ユアー歯科クリニック)にご来院いただいたのは、右上前から6番目の歯にむし歯があるという理由からでした。

診査の結果、むし歯になっている所は、かなり前に、銀歯の被せ物の治療をしたところでした。
この状態は『二次カリエス』といいます。二次カリエスとは、一度治したところから、またむし歯になってしまっている状態の事です。二次カリエスは、非常に多く発生するむし歯で被せ物の再治療が必要になります。

また、二次カリエスの再治療ができない場合には、最悪の場合抜歯となってしまいます。これら二次カリエスを防ぐためにも、日頃の適切なブラッシングなどのセルフケアに加えて定期的に歯科医院で検診やクリーニングを受けていただく事が重要です。

そして、こちらの患者さんは、さらなる精査の結果、歯根が破折している事がわかりました。歯根破折は、歯を救う事が最も難しい状況です。よって、患者さんに歯根破折の状態を説明し、抜歯する事をご了承いただきました。

当院では、できるだけ削らない、抜かない治療を目指し、むし歯や歯周病の予防の重要性を訴えております。歯を失うことは非常に残念な事ですので、抜歯とならないように日頃から歯のケアをしていただくよう、患者さんにお伝えしております。
しかしながら注意してケアしていても今回のような突然の歯根破折などの理由でやむをえず抜歯となる場合もあります。

そして、残念ながら失ってしまった歯を補う治療の選択肢の一つとして、高機能で審美性に優れたノンクラスプデンチャーの部分義歯をご提案させて頂いております。ご提供しております。

「見た目もよく、周りの歯を削らない入れ歯で良かったです」

さて、今回のケースの患者さんのお話に戻ります。

こちらの患者さんは、失った歯の前後の歯は健全な状態でしたので、ブリッジにするために削ってしまうことは大きなデメリットといえます。治療にはそれぞれメリットデメリットがあり、どの治療がベストなのかは状況によって異なりますが、この方の場合はベストはインプラントと判断しましたが、よくよく話し合った結果、手術は望まれなかったため、次の選択として部分義歯による治療を行うこととなりました。

特に、インプラント治療は、チタン製のインプラント体を埋め込むために外科手術が必要です。当院では様々な歯科治療の選択肢の中から、常にその方にとっての最善の治療とは何かを考え、提案をしています。

ですから、インプラント治療をまず勧める事もありますが、それを希望されない方へのセカンドベストとも言える治療として、ブリッジや部分義歯をなるべくそれらのデメリットが少なくなる方法で提案をしております。

そんな中、機能性にも優れていて、見た目も良い『ノンクラスプデンチャー(部分義歯)』であれば…と、入れ歯(義歯)をお選びいただくケースも多いのです。30代の女性の方でも、『ノンクラスプデンチャー(部分義歯)』の事例を見ると、安心してお選びいただけるようです。

今回の、こちらの患者さんも、身体にあまり大きな負担が掛からない治療を希望されていましたので、審美的にも満足頂ける比較的身体に負担なく、早くできる治療法の『ノンクラスプデンチャー』(金属のバネがない部分入れ歯)の選択となりました。よく噛めて、見た目も一番自然なのはインプラント治療ですが、やはり外科手術の事を考えると、身体的な負担に不安を感じられるようです。

今回は、『ノンクラスプデンチャー(部分義歯)』を採用しましたが、装着後は「見た目もよく、周りの歯を削らない入れ歯で良かったです」という、嬉しいお言葉もいただけました。ご満足いただけ、とてもうれしく思います。

時々、『奥歯1本くらいだったら、歯がない状態でも・・・』と軽くお考えになってしまう方もいらっしゃいます。
もちろん、お気持ちはわかります。歯が1本無くても、食事ができますし、以外に日常生活に困らないのですから。

しかしながら、歯が無い状態では、お口の中のバランスが崩れた状態が続きます。

周囲の歯が倒れ込んできたり、咬み合う側の歯が伸びてきたりと、お口の中の咬み合せ全体が崩れてしまうリスクがありますので、できるだけ「歯がない時間」は短期間にしなければなりません。そういった時には、見た目も美しく、身体に優しい『ノンクラスプデンチャー(部分義歯)』を選択されると良いでしょう。費用的な負担もインプラントの約1/3という点も見逃せません。

年齢的に若い女性の方は、入れ歯(義歯)に対して抵抗感があるかもしれません。しかし、早めに対処することで、それから先の長い人生の中で、歯を失うリスクが低減できることにつながるかもしれません。あまり悩まずに、お気軽に当院にご相談ください。

ノンクラスプデンチャー(部分義歯)

ノンクラスプデンチャーは金具フックのない審美入れ歯(義歯)です。患者さんの状況にあわせて歯科治療法をご提案しています。ノンクラスプデンチャーについては、こちらのページを御覧ください。下記は、今回治療された患者さんのノンクラスプデンチャーです。前後で比較してみてもらっても、非常に自然な仕上がりで、目立たないきれいな入れ歯(義歯)になっていることがお分かりいただけるかと思います。お気軽にご相談ください。

《治療内容》
右上6 部分義歯

Before

Before

After(右上6)

After(右上6)