入れ歯・義歯・デンチャー・相談|千葉県船橋市
rss

症例とお声

No.7「臭いもしないし疲れない、つるつるして気持ち良いです。」(60代 女性 千葉県)

  • 女性
  • 60代
  • 千葉県

「臭いもしないし疲れない、つるつるして気持ち良いです。」

 

“上の総入れ歯(金属床)が合わなくなって困っている”というお悩みで来院された患者様です。

総入れ歯はお口の中の状態が変化することで合わなくなってしまうことが少なくありません。こちらの方の場合は、入れ歯を支えている顎の骨が吸収して形が変化してしまったことで合わなくなっていました。

 

咬み合う下の歯は歯周病が進行し、かなりぐらついていましたので上の入れ歯にかかる力が不均一になり、慢性的に無理な力がかかることで骨の吸収が進んでいました。

 

合わない義歯(入れ歯)を我慢して使用することで、状態が悪化してしまうことがあります。

更に入れ歯が金属床でしたので修理や調整ができませんでした。

そこで、下の歯の治療と合わせて理想的な歯並びにすることで長期的に安定した咬み合せが確保されると判断し、新しく義歯を作ることを提案しご了承頂きました。

 

下の歯の奥歯のブリッジは歯周病が進行しぐらぐらと動揺しており、どうしても残すことが難しい状態でしたのでやむを得ず抜歯(歯を抜く)をする事に同意して頂きました。
抜歯後は、治療用の仮の義歯を上下に製作して、新しい噛み合わせ、歯並びに慣れるようにトレーニング、リハビリの期間を設けました。これが最終的にピッタリ合う咬み合せの入れ歯にするためにとても大切な工程なのです。ここで決まった咬み合せの位置を参考に、最終のBPS超精密義歯を完成させました。

これまで、「金属床の入れ歯は重たくて疲れる・・・」とおっしゃっていましたが、
今では、「痛みがなく、何でもよく咬めるので食べられない物が無くなりました。臭いもしないし一日装着していても疲れない、つるつるして気持ち良いです。BPSにして良かった。」とのご感想を頂き、とても嬉しく思います。

 

治療後

治療後

BPS超精密義歯

BPS超精密義歯

BPS超精密義歯

BPS超精密義歯