入れ歯・義歯・デンチャー・相談|千葉県船橋市
rss

ノンクラスプデンチャー(ミラクルデンチャー・ウェルデンツ 他)

金属フックのない審美入れ歯
(ノンクラスプデンチャー)

ミラクルデンチャー

大阪の入れ歯博士こと中川先生が開発し、全国から問い合わせがミラクルデンチャーは、残った歯をできるだけ残し(1本でも)、よく噛める機能的な入れ歯として評価高い技術です。特に女性からの人気が高いのは、小さく違和感が少ない上に外見からは入れ歯と分かりにくい優れた審美性、小さくコンパクト、お手入れもしやすく、インプラントのような外科手術が不要なところです。

<従来の保険の義歯>
ミラクルデンチャー(プラスチック床)

従来のプラスチック床

ミラクルデンチャー(レジン床)

(レジン床)
金属の装置であるクラスプがはっきりと露出しています。

ミラクルデンチャー(レジン床)

(レジン床)
後方にも装置であるクラスプが見えます。

<ミラクルデンチャー>
ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャーの1種

ミラクルデンチャー

装置が表に現れません。
誰にも入れ歯と気付かれにくいです。

ミラクルデンチャー

どこにも装置が見つかりません。それでもしっかり吸い付いています。

ミクルデンチャーの特徴

  • 上顎を覆う大きな床の部分が非常に小さくので、本来の食べものの味わいを得やすい。
  • 今まで、1本~13本の歯が抜けた状態での部分入れ歯で適用され、様々なケースに対応可能で、残った歯を抜かずに保存できる可能性があります。
  • 従来の保険義歯と比べて、食べられるものが増えていきます。(せんべい、お餅、ごぼう、コンニャク、イカや貝類など)
  • 入れ歯はとてもコンパクトで軽い設計となっています。金属で補強していても通常の大きな入れ歯に比べるととても違和感は少ないです。
  • オリジナルの維持装置は、前からみた時に目立ちにくく審美的に優れています。入れ歯であることがわかりにくくなっています。
  • 大きな口を開けてのあくび、くしゃみ、大笑いしても外れる心配げ軽減されます。
  • 外しているより入れている方が楽で、顔の表情が良くなったと言われる方多いです。
  • 入れ歯の床の下に食べものが入りにくい設計になっており、入れ歯安定剤を使用しない方が多いです。
  • 入れ歯の取り外しがしにくいほどしっかりと装着されます。しかし慣れると自分自身で簡単に取り外しが可能になります。
  • ミラクルデンチャーは、修理もしやすくメンテナンス性に優れており、長く使用することができます。
  • 歯周病などで揺れている歯に装置をかけることで、その歯の揺れを防ぎ、そのことで歯を保護してくれることがあります。

ウェルデンツ

これまでの入れ歯の定石であった金属のフックで支えるタイプから、金属が見えない自然な見た目のノンクラスプ義歯への関心が高まっています。
中でも、ウェルデンツデンチャーは、特殊樹脂で製作された、軽くてしなやかな審美義歯として注目されています。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

治療例

治療例

ウェルデンツ義歯のポイント

厚労省より認可を受けた独自開発の樹脂材料を(薬事認可製品)を使用した入れ歯で大変注目を浴びており、世界特許を取得しているものです。

  • 無菌性樹脂素材で清潔
  • 金属を使用せずアレルギーの心配不要
  • 薄くて軽い設計ですがしなやかなで高耐久
  • 見た目が入れ歯と分かりにくい審美性
  • 小さく設計されているので違和感や装着感に優れる
  • 汚れや匂いに優れた素材
  • できるだけ残っている一部の歯への負担を軽減
  • 金属床やインプラントを比較すると安価

※使用状態により耐久性や汚れなどの変化には大きく差がでることがあります。

治療費

(税抜)

1歯 100,000円~