入れ歯・義歯・デンチャー・相談|千葉県船橋市
rss

症例とお声

No.8「とても綺麗でしっかり噛めて、今までと全然違います。」(80代 女性 千葉県)

  • 女性
  • 80代
  • 千葉県

「とても綺麗でしっかり噛めて、今までと全然違います」

この方は、上下総入れ歯の状態でご相談にこられました。来院された時は、1年前に作られた保険の入れ歯が「噛めない」「痛い」といことで、家族の方がホームページで探してお越しになりました。

診査・診断を経て、BPSデンチャーを採用されたケースです。

 

この方の場合、歯茎の色付けまでオーダーメイドで行い、技工士も立ち会うなど、こだわりの仕上げとなりました。

生体機能的補綴システムBPS(Biofunctional Prosthetic System) とは、イボクラールビバデント社(リヒテンシュタイン)とヨーロッパの歯科大学、臨床医が共同で開発した精密入れ歯を製作するためのシステムです。

このBPSデンチャーシステムによって製作される入れ歯は、今までの入れ歯とは製作過程が大きく異なるフルオーダーメイドです。

 

来院当初は、上の歯が1本残っていた状態で、下の歯は顎の骨が大きくやせており、使用している入れ歯が安定せず浮き上がってしまっていました。

唯一1本残っていた歯は、これが逆に安定を欠く原因であることが分かり、むし歯も進行していたため、ご理解いただいた上での抜歯となりました。
入れ歯を安定させるにはかなり困難なお口の状態であると診断されたため、まずは治療用の義歯を作成し、これでどこまで安定するかチェックしました。
その後さらにパイロットデンチャー(2つ目の治療用義歯)を製作し、リハビリテーションを行いながら、口腔内で徐々に慣れていくようにしました。
そして、最終義歯は、こだわりの審美性を加味した仕上げとなりました。

今は「痛くなく、なんでも食べられるようになった」と大変喜んでいただき、歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が連携したBPSシステムならではの高い満足度となりました。

 

After(噛合せ)

After(噛合せ)

After(上顎)

After(上顎)

fter(下顎)

fter(下顎)