入れ歯・義歯・デンチャー・相談|千葉県船橋市
rss

症例とお声

No.11「人工シリコンのバネの見えない入れ歯で快適になりました。」(60代 女性 千葉県)

  • 女性
  • 60代
  • 千葉県

「人工シリコンのバネの見えない入れ歯で快適になりました」

 

この患者様は、他院で1年前に上下義歯(入れ歯)を作製されたのですが、残念ながら装着後しばらくして下顎の部分義歯がゆるくなり、かみ合わせも悪くなってきたとのことでした。
ご家族が当医院のホームページをご覧になり、入れ歯相談にいらっしゃいました。

 

精密検査の結果、下の奥歯の歯のない部分の骨が吸収しており、咬み合せた時に義歯が本来の咬み合せの位置よりも下がってしまう状態でした。診査・診断の結果、今後、極力顎の骨の吸収を抑えて、咬み合せの長期的な安定を図るため、患者様と相談の上、今回はコンフォートデンチャーを採用することになりました。

このコンフォートデンチャーは、歯ぐきに当たる部分が人工シリコンの軟らかい素材でできており、歯ぐきによくフィットして外れにくく安定し、なおかつ歯ぐきに接する部分が柔らかいため、顎の骨の吸収を抑える事がある程度可能です。その結果、咬み合わせや歯ぐきの状態が変化しにくく義歯を長持ちさせる事ができるという利点があります。
(コンフォートデンチャーについてはこちら)

左右両側にまたがる部分義歯で、左右の犬歯にひっかかり維持される形態でしたが、犬歯の形が義歯の維持に不適当でしたので、歯の形態修正をコンポジットレジン(硬質プラスティック)で行った結果、義歯が外れにくくなりました。
今では「痛くなく何でも噛めるようになりました」と大変喜んで頂いております。

さらに今後は今回新しくした義歯や今ある歯をしっかり維持していくために、定期的なメンテナンスにお越し頂き、できるだけ永く、お口の状態を良好に保つお手伝いをさせていただければと思います。

 

治療後

治療後

治療後

治療後

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー