入れ歯・義歯・デンチャー・相談|千葉県船橋市
rss

はじめての患者様へ

患者様に好ましい治療とは?

イメージ私たちは常に、せっかく来院される患者様に好ましい治療を受けて頂きたいと望んでいます。
もちろん、歯科医学的に好ましい治療法が、その方にとっての最良の治療法とは限りません。
私たちはよくよくお話を伺い、ご相談の上で、治療後も永きにわたってユアー歯科クリニックで治療を受けて良かったと感じて頂ける治療を受けていただくことが大事だと考えています。

例えば不幸にも虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合、それを補う治療法としては、インプラント、ブリッジ、入れ歯などがあり、現在、歯科医学的に最も理想的な治療法は多くのケースでインプラントだとされています。
しかし、インプラント治療には、手術に伴う合併症や費用が高額になる場合がある事、治療期間が長い事などのデメリットを考慮すると、ケースによってはブリッジや入れ歯でも良好な機能性や長期的予後が得られ、充分ご満足いただける事も多くあると考えられます。

患者様一人一人、それぞれの方にとっての好ましい、最良の治療法とは何かを私たち自身、常に問いかけながら治療法のご提案、御相談をさせていただきたいと考えています。

永く使える入れ歯のために

永く使える入れ歯とはどんな入れ歯でしょう?
それは、丈夫で壊れない入れ歯でしょうか・・・もちろんそれもありますが

1.貴方の口腔内、もっと言えば、貴方の普段の生活にマッチした入れ歯

(最初の診断、機能印象の大切さ)
「今までいくつも入れ歯を作ったけど、たいてい2~3年で合わなくなって作り直すことが多かったんだよね。」「どうせ入れ歯なんて定期的に作り替えないといけないんでしょ。」というお声を聞く事があります。
入れ歯自体が壊れて作り替えが必要になる事ももちろんありますが、たいていの場合は残存歯の虫歯や歯周病が原因で口腔内の状態が変化して、再治療が必要となる事が多いのではないでしょうか。
良好な長期的予後を得るために大事なことは、今のお口の状態を的確に診断し、なおかつ今までの経緯や生活習慣などを考慮して、どんな治療が必要なのかを総合的に検討することです。そのために必要な各種検査(むし歯、歯周病、咬み合せ、歯列、顎の骨の状態、筋肉の動き)を行った結果をふまえ、治療計画のご相談をさせて頂きます。

2.変化に対応できる入れ歯

なるべく治療後にお口の状態が変化しないことが当然望ましいですが、それでも不慮の事態でお口の状態が変化する事があります。そういう場合でも、もともと作製した入れ歯の精度が高く、補修を考慮した材質であれば、いきなり新しく作り直す必要はない事がほとんどです。

3.清潔に保てる入れ歯

入れ歯を清潔に保つことは、残存むし歯や歯周病や口腔粘膜疾患、ひいては全身疾患の予防のために非常に重要です。そのために必要な事は、汚れが付きにくく経年劣化の少ない素材の選択と、日ごろの適切なお手入れ、定期的な歯科医院でのメインテナンスです。

4.残った歯や口腔内を守るプログラム

繰り返しになりますが、一度作った入れ歯を長く使う為に大事なことは残存むし歯や歯周病の予防し、定期的な入れ歯のチェック、メインテナンスを行うことです。
私たちは新しく作った入れ歯が永く快適にお使い頂けるようその方に合ったセルフケアのご提案、メインテナンスプログラムの作成をいたします。
患者様のお口の健康維持のためのお手伝いをさせていただき、幸せで豊かな生活に少しでも貢献できることが私たちの願いです。